Sunday 2006-02-05

Paul Ginglinger & Le Soula

昨年の11月中旬に行われた、アルザスの試飲会で、ある生産者に出会いました。 Paul Ginglinger で、ランソン、アルマン・ルソー、南ア、チリなどでいろいろ醸造し、蔵を継いだ現当主 Michel。彼から先日もらったゲヴェルツのグラン・クリュ、プフェシグベルグの2004年。香りはとても主張的でスパイシー、且つミネラルに富みリッチだ。アフターは案外さわやか。私は個人的に、好きなセパージュはリースリングで、その次がソーヴィニヨン・ブラン。

b pg.jpg


J'ai rencontré un bon vigneron "Paul Ginglinger" en Alsace où il y avait un salon des Grands Crus. Il a beaucoup d'expérience, chez Rousseau & Lanson,ensuite au Chili et en Afrique du sud. Ce soir j'ai dégusté la bouteille de vin qu'il m'a donnée "Gewurztraminer Phersingberg 2004". Le nez était assez expressif et épicé, riche, mais très élégant et minéral. Assez frais...

アペリティフの後は・・・知ってる人は知ってるけど・・・

Après ça...il y a peut-être quelqu'un qui connaît...

trigone.jpg


Gérard Gauby & Associés; の新キュヴェである、「Trigone」。2004年
リリースなんですが、このワイン、ここのトップキュヴェ「Le Soula」に満たない樹齢&品質のものをブレンドしたワインでお値打ちです。テロワールの個性は、ル・スラと比べてそこまで主張的ではありませんが、雨上がりの岩のような印象。ミネラルも感じつつ、はじけるような果実味が心地よい赤で、早飲みタイプのワインかもしれません。

Nouvelle cuvée de "Gérard Gauby & Associés;", elle s'appelle "Trigone". Il prend des parcelles de jeunes vignes et de qualité un peu moyenne pour mettre dans "Le Soula".
C'est un joli vin et pas cher. Il n'a pas un énorme caractere par rapport au "Le Soula" au niveau du terroir, mais c'est granitique, il a un côté un peu minéral...frais, facile à boire.


取り合えずセラーにスペースを作らないといけないので、とりあえずこれを空けました。来週末までに12本分のスペースを空けないとダメなんでとりあえず目についたものから飲むという始末・・・ 赤も好きなのですが、やっぱり白のしっかりとしたミネラルと酸が感じられるワインがとても好きになってしまいました。昔はドイツも好きだったのですが、最近はアルザスとロワールに偏ってきました。一時期はローヌにもはまったのですが、最近はどうも・・・ 勉強の為に、いろんな国のワインを飲むようにしています。

J'ai pris cette bouteille comme ça, parce que je dois vider un peu ma cave pour libérer un espace pour 12 bouteilles (pour...!?). J'adore le blanc aussi bien que le rouge. Mais j'aime bien les vins minéraux assez prononcés. Avant j'aimais les vins allemands et de la vallée du Rhône... mais depuis que je vis en Suisse, j'essaye de déguster un peu n'importe quel vin.




posted by Midoc at 06:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | Vin / ワイン
この記事へのコメント / Write your comment for this article
日本語で書いてえーのんやろかと思いながらも気にせず早速書き込みしてみまする。
ゲヴルツ久々に飲みたくなったよー。
あのコメントはそそられますな。
本日はS氏の旦那は出張中のため一人ご飯ですが
ワインあけちゃおっかなー。
Posted by S氏のヨメ at 2006-02-06 19:33
ハハハ!日本語のページなんで大丈夫!初コメントありがと〜。Y子ちゃん(合ってるよね?)
ワインは消費しないと、売り上げ上がらないからどんどん飲みましょう!

今からロワールに行ってきます〜。(また試飲会)
Posted by Midoc at 2006-02-06 20:58
こんばんは、勿論語学が全く駄目なので日本語で!

メールアドレスと同じお名前使ってるのでわかっていただけますでしょうか?(T石です)

アルザスいいなぁ。個人的にソムリエ試験で
私が受けた年度から多様なワインがブラインドで
出始め、(多分ルネ・ミュレだったと思いますが)ピノノワールタルザスが試験にでて、たまたま1.2週間前に飲んでて飲んだ瞬間「これだ!」と思ったことがありアルザスに思い入れがあるのです。

今日は先日あけて飲み切れなかったソミュールの白ワインをズプリッツアーにして飲みました。
・・・でもご飯はタイカレー・・・。

合ってるんだか合ってないんだか。
Posted by akwine at 2006-02-06 23:45
T石さん!ご無沙汰〜。元気にしてる?
ソミュールでも残糖の多いような白なら
全然美味しいのでは?? ロワール試飲会で
Domaine des Guyons のクロ・ド・ラルディルの
2005年を試飲したけど、この手のワインなら
アジアティックな料理でも全然いけると思う
けどな〜。
ロワール、しんどかったわ・・・でも色々と
また古酒を買ってきましたので、乞うご期待!
Posted by Midoc at 2006-02-10 01:47
コメントを書く/ Write your comment
名前 / Your Name or Nick Name:

メールアドレス / Your E-mail:

ホームページ / Your Web Site:

コメント / Comment:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。