Wednesday 2009-12-16

Organisateur du LUFF

牡蠣のシーズン到来ですね。南仏出張時にNクンとともに大当たりした事があるんですけど、毎年懲りずに食べています・・・(車での出張時には絶対に食べないけど)

C'est la saison des huîtres! Il y a quelques années je suis tombée malade à cause des huîtres pendant un déplacement avec mon collègue. Mais j'en mange quand même chaque année.

オレロンから来たNo.2の牡蠣4ダース・・・

48 huîtres qui viennent de l'Ile d'Oléron (No.2)

IMG_2646.JPG


とりあえず30個、殻を外しました・・・

J'ai ouvert une trentaine de coquillages...

IMG_2663.JPG


数個はレモンを縛って生で食べ、あとは牡蠣鍋に・・・!飲んだワインはドメーヌ・ペレのメヌトゥー・サロン(ガチガチ、すんごい硬い!)

On en a mangé quelques unes crues avec du jus du citron, et après nous avons fait une fondue japonaise avec! Domaine Pellé Menetou-Salon.

IMG_2662.JPG


さてさて、タイトルの通り秋に行われた地下の人達のフェスティバルのオーガナイザーのチボーを家に招待しました。彼の家に先日呼ばれ、シュークルートを大量に振る舞われたので、今度はそのお返しというわけでもないんだけど・・・!

Donc, nous avons invité notre ami Thibault, organisateur du LUFF, à la maison, car il nous a invité aussi il y a un mois pour une soirée choucroute...!

IMG_2671.JPG


で我々の友、ドクター・ペドロも南米の旅を終えて来訪・・・

Un autre ami, Dr. Pedro, était également là après son voyage en Amérique du sud...

IMG_2672.JPG


いつも通りのタルトの後は牡蠣のグラタン仕立て。

Après avoir fini la salade italienne et la pissaladière, on est passé à l'entrée chaude: "Huîtres gratinées" à la midonaise.

IMG_2667.JPG


ペドロ博士とチボー先生は、どうやら牡蠣をグラタン仕立てで食べたのは初めてだったらしい・・・。ホントは生で食べようと思ったのだけど、買ったのが昨日だし、当たったらイヤだし、とりあえず火入れしました。

On dirait qu'ils n'avaient jamais mangé des huîtres gratinées... j'ai hésité à les faire crues, mais je ne voulais pas qu'ils tombent malade alors je les ai cuites au four!

冬になったら食べたくなる、鶏のモリーユソース。

Poulet aux morilles. J'ai toujours envie d'en manger quand il fait froid.

IMG_2669.JPG


前はエシャロットをバターで炒めてから鶏を入れて焼き、白ワインでフランベしたあとモリーユを入れて生クリームで煮込んでいたんですけど、カリカリの皮を食べたいんで、最近は表面を焼いて取り出して、オーヴンへ入れて火を通し、ソースは別で作ってかけてます。フェットチーネを添えても美味しい!

Avant je faisais cuire de l'échalote et du poulet au beurre, ensuite ajouter le vin blanc, les morilles et laisser cuire à la crème. Mais je fais sauter le poulet et le mets au four pour le cuire à point. Je prépare la sauce aux morilles séparément. Cette sauce est excellente avec des pâtes comme des fettucine!

20時から始まって朝3時半まで。開いたワインはシャンパーニュ1本、白2本、赤1本とアプリコットのオー・ド・ヴィー・・・平日なのに、すごいわ、みんな・・・

Ils sont arrivés avant 20h et sont partis vers 3h30... Une bouteille de champagne, 2 bouteilles de blanc, 1 bouteille de rouge et l'eau-de-vie d'abricot... ils sont forts... même en semaine...



でもたまには中華もいいですよね。ジャンボ海老を使ったチリソース煮。

Pourquoi pas des plats chinois du temps en temps...! Les crevette sauce piquante!

IMG_2642.JPG


ラー油と原了郭の黒七味がタップリの麻婆豆腐・・・

Tofu à l'huile piquante et plein de piment...

IMG_2645.JPG


今朝のローザンヌはマイナス5℃。辛いものを食べて、内側から暖かく・・・!



posted by Midoc at 07:13 | Comment(11) | Avec des amis / 友達と
この記事へのコメント / Write your comment for this article
あの時は大変でしたね。
僕が一番被害少なかったですけど。
また牡蠣まつりやりましょう!フランスの牡蠣ももともと日本のものですし。

にしても相変わらず豪勢なお食事ですね。
Posted by Nくんです at 2009-12-16 10:53
牡蠣おいしそう!今ちょうど生牡蠣の事考えてたの、、、
年末年始はブルターニュで生牡蠣を堪能する魂胆なんだけど、レモンだけじゃなくて、もみじおろしとポン酢を持参したいゎ。因みに私以外の同行メンバーは牡蠣が苦手、、、
Posted by hiroko at 2009-12-17 00:29
よね・・・あれだけ苦しんだのは初めてよ。モンペリエの中華料理屋で何回トイレに行ったことか!
牡蠣祭りやるって・・・出張でこっちに来るか、私が冬に帰るしか方法がないけど・・・(あ、もしかして来年の冬のことかい??)

あー、ポルチーニ以外にモリーユも入れてあげれば良かった・・・もう今頃飛行機の中かもねぇ。
Posted by Nくんへ at 2009-12-17 00:37
ブルターニュ行くって言ってたよねぇ。その人達って生がダメなの?そうならバーナー持って行って焼くとか、焼き牡蠣にするとか・・・

ブルターニュなら美味しいものいっぱいあるよ。あそこのオマール海老は絶品。カナダ産とは比べ物にならないくらい美味しい!食べてみて!!

あ、ポン酢はうちのボス副社長も持ち歩いてるわ。日本人はやっぱり醤油ベースよねぇ・・・!
Posted by hiroko ちゃんへ at 2009-12-17 00:41
C'etait vraiment delicieux! Bravo! T'as quand meme oublie de parler de ton excellente tarte aux oignons facon nicoise. Je l'ai faite hier avec de la tapenade aux tomates en dessous. Tres bonne, mais loin derriere celle de Midonaise!
Posted by pedolo at 2009-12-17 03:51
Merci Dr.Pedolo! Avec la tapenade aux tomates...mmm elle sera meilleure que la mienne! On mangera encore ensemble tous les 4 avant que Thibault parte aux US!
Posted by Pour Pedolo!! at 2009-12-17 07:37
私も過去に数回当たってますが、懲りない派です!この季節にはやめられませんよね。
鶏のモリーユソースのお料理、鶏のカリっとした感じがわかります!おいしそうですねぇ。それにしても本当にお料理が美しいです。midocさんはとっても几帳面な方なんですね。
Posted by YKNK at 2009-12-17 08:23
ですよね。私もまったく懲りずに先々週に行ったパリでも牡蠣三昧でした・・・!日本の岩牡蠣も捨てがたいですよね、あれはあれでホントに美味しいし!

鶏のバスク風やタジンとか、鶏を使った料理って家で結構するんですけど、私はどうも皮がムニャーってした感じがどうも好きじゃないんですよね。食べる時に取り除いてしまうことが多かったんです。だから最近は焼いてオーヴンで火を通す、ソースは別がけの方で調理してます!

料理は・・・几帳面に見えるかもしれないですけどその他のことは結構いい加減かも・・・!
Posted by YKNKさんへ at 2009-12-17 17:20
牡蠣に当たってもまだ好きな人をここで一度に3人も発見してしまいました。一度当たったらもう食べられなくなるという伝説を信じていたので(例外はいなかった)いつまで私は牡蠣を食べられるのだろうと、毎回ヒヤヒヤしながら"今回が最後にならないように”と思い、生を食べていました・・・がこれで安心して当たれます(いや一生当たりたくありません)。
ブロンの甘いのも好きですが、クレールのどっしりも好きです。2月にまた食べよ。
Posted by Ka ossu at 2009-12-20 12:17
なぜでしょうね・・・当たっても食べたくなるんで毎回見つけたら食べてますが、南仏では絶対に食べないと決意しました。パリに行かれるなら、おすすめのレストランがあるので、そこで牡蠣のティスティングをして下さい!11区にあるビストロですが、「L'Ecailler du Bistrot」というお店。半ダースから食べられます。この前私はそこで2ダース食べました・・・

またこの店では最初にパンとバターが出てきますが、これが例のボルディエの海藻入りバターと塩バターです。ワインも値付けはまだ良心的。道を挟んで斜め左向かいの、アルゼンチン料理はしっかりとしたステーキが食べられる(部位も色々と選べる)けれど、値段は結構高め。肉自体の品質はとてもいいです。2月にお試し下さい!
Posted by Ka ossu さんへ at 2009-12-21 02:09
あ、私も牡蠣にあたって点滴されてもまだこりない派よ!
Posted by hiroko at 2009-12-22 01:48
コメントを書く/ Write your comment
名前 / Your Name or Nick Name:

メールアドレス / Your E-mail:

ホームページ / Your Web Site:

コメント / Comment:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。