Friday 2011-01-14

Galette des rois

フランス(スイスのフランス語圏もかな)で1月になると食べるこのお菓子。フランスに住んでた頃は意識してなかったけど、よく考えてみると、1月になるとこのお菓子がパン屋さんやお菓子屋さんにズラリと並びます。中にフェーブ(陶器の人形かオブジェ)が入っていて、当たった人が冠をかぶるというもの。詳しくはこちら

Tout le monde mange ce gâteau en France au mois de janvier. Je n'ai jamais fait l'attention avant quand je vivais en France. On peut trouver partout à la boulangerie. La particulalité de ce gâteau, il y a un objet qui s'appelle "Fève" dedans.


最近まったくパンを買わなくなったのですが、先日バッタリとパン屋の前で、パン屋のオバさんと会ってしまい、どうぞ、とドアを開けられてしまい・・・パンを買うと食べきれないので、目の前にあったガレット・デ・ロワを購入。一番小さいサイズで16センチくらいのもので、16フラン。スイスで買うのはこれが3回目。6年在住で3回、とは決して多くないけど、お菓子を食べてあんまり感動する程のに当たった事がないからかもしれないけど・・・

Ca fait longtemps que je n'ai pas acheté du pain à la boulangerie habituelle, mais j'ai croisé une dame de la boulangerie et elle m'a ouvert la porte alors... je n'ai pas eu le choix, finalement j'ai pris une petite galette des rois (16cm / 16 CHF) il y a une semaine. C'était la 3ème fois que j'en achète une depuis 6 ans.

私がよくパンを買っていたお店は、ローザンヌ旧市街、サン・ローラン教会のすぐ隣の、Laurent Buet というお店。そのお店のガレット・デ・ロワにはクレーム・ダマンドの中にリンゴのみじん切りがすこーし入っていた。お味はまあまあ、って感じ。そう言えばクレーム・ダマンド以外のアパレイユは見ないなぁ・・・じゃ作ってみようか?という事になって、初挑戦・・・

La boulangerie dans laquelle j'ai acheté cette galette se situe au centre ville de Lausanne: Laurent Buet. Dans cette galette, il y avait un peu de pommes, c'était pas mal. Il y a toujours de la crème d'amande dedans, finalement je voulais essayer autre chose que cette crème.


つい数ヶ月前までは、パイ生地もタルト生地も買ってましたが、大きさが中途半端にデカイのと、賞味期限までずいぶんあるのに、開封したらカビが生えていたり・・・重石を乗せて空焼きしてもかなり縮んだり・・・もう買うのをやめて家で作るようにしました。どうせ2人だし、30センチの生地を消費しきれないから、今は500gくらいのを作って2分割。半分は冷凍保存しています。家で作るから安心だし、配合率も変える事ができるし、余らないのがいい!

Il y a encore quelques mois, j'achetais la pâte feuilletée et la pâte à tarte au magasin. Mais ces pâtes sont énormes pour 2 personnes et quelquefois elles étaient pourries... finalement j'ai arrêté d'en acheter et j'ai commencé à en préparer et stocker moi-même depuis quelques mois.

初めてパイの折り込み生地を作成して、つくった試作品がこちら・・・!

Ma première pâte feuilletée maison... et voici MA galette des rois...!

IMG_0940.JPG


タルト生地と違って、何層にもなった生地のサクサク・フワフワ感が大事なので、確かに手間はかなりかかります。体温でバターがどんどん溶けてくるので、手早く作業しないとなかなか難しいです。何度も冷蔵庫を往復します。

Il est un peu difficile de réaliser cette pâte et d'obtenir une texture légère et croustillante. En plus ça prend du temps car à cause de la chaleur de la peau, le beurre commence à fondre rapidement. Alors il faut qu'on fasse un tour au frigo de temps en temps.

お店ではこんな風に売ってますね。

Présentation comme en magasin, avec la couronne!

IMG_0945.JPG


(ちなみに上の紙の冠は、先日買ったときのを置いといて乗せただけ・・・)

中身は抹茶のように見えますが、クレーム・ド・ピスタシュです。

C'est la couleur du thé vert, mais c'est une crème de pistache.


IMG_0946.JPG



用意するもの:

パイ生地・・・2枚

クレーム・ド・ピスタシュ
・バター(室温に戻す)・・・60グラム
・粉砂糖・・・60グラム
・卵(溶きほぐす)・・・1個
・フープロで粉にしたピスタチオ・・・60グラム
・薄力粉・・・10グラム
・アマレット・・・適量

クレーム・ド・ピスタシュの材料を上から順番に混ぜていくだけ。クレーム・ダマンドにはラムを使うけど、今回はピスタチオ使用なので、アマレットを使いました。

Ce sont les mêmes ingrédients que la crème d'amande. Mais au lieu du Rhum, j'ai utilisé de l'Amaretto.


注意するのは、パイ生地にクレームを乗せる時に、ドロドロだとダメなので、使う直前まで冷蔵庫で冷やす事かな。

これがウマーい! 我が家の食いしん坊の Jim も、もうガレットは買う必要なし、家で作った方が美味しい、と絶賛してくれたので、また今月焼こうと思います! その時は行程をもう少し分かりやすく写真で載せようかな。

C'était vraiment délicieux!! Mon homme gourmand a beaucoup apprécié et il me dit que ce n'est pas la peine de l'acheter au magasin. Je vais essayer d'en refaire encore une en janvier. Je mettrai des photos en cours de réalisation la prochaine fois.

posted by Midoc at 07:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | - Gateaux /お菓子
この記事へのコメント / Write your comment for this article
私も毎年ガレットデロワ焼きます。
このレシピうまそ〜!

今年は絶対このレシピで焼きます
ピスタチオ好物。
Posted by yogi at 2011-01-15 06:10
毎年作ってるの??すごいなぁ・・・私は今回が初チャレンジ。もしかしてパイ生地も作ってるとか・・・?

もし、市販の冷凍パイシートを使うなら、1パック(4枚入りよね?)の2枚を1枚にくっつけて焼く分量なら、上のクレームの量で大丈夫。焼き時間は180度で30分くらいかな。頑張ってねー!
Posted by yogiちゃんへ at 2011-01-15 08:04
ガレット・デ・ロワというお菓子、初めて聞きました。
楽しいお菓子ですね♪
Midocさんも中に人形か何か入れたのですか? 
そちらで売っているお菓子の甘さは日本人でも大丈夫ですか?
こちらは激甘なのが多いです〜(^^;
パイの折り込み生地作るのって難しそう(めんどくさそう?)だけど
初めてなのに、wikiの写真と同じ!すごい〜!
アマレットはちょい苦手ですが、Midocさんのは食べてみたいです☆
Posted by peko at 2011-01-16 08:03
1月1日になると売り出されるお菓子のようですよ。お正月だからお雑煮食べようか、ってな感覚かもしれないですね!

私はあまりお菓子は買わないんですけど(結構高くて大きいから食べきれないし、時間があったら作っちゃえって思うので・・・!)、フランスに仕事で行く際にたまにサロン・ド・テでお茶するとお菓子は結構甘いですね・・・でも慣れたかな!?(危険!)

パイ生地はアメリカンタイプとフランスの折り込み生地とあると思いますが、やっぱり後者の方に慣れてしまっているのか、美味しく感じますね。面倒だけど、多く作って冷凍すれば、あまり苦にならないと思い出して・・・!
Posted by pekoさんへ at 2011-01-16 23:39
コメントを書く/ Write your comment
名前 / Your Name or Nick Name:

メールアドレス / Your E-mail:

ホームページ / Your Web Site:

コメント / Comment:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。