Friday 2007-02-02

Truffe Blanche d'Alba

昨日の残りワインのフォジェールは甘みがパワーアップ。だから今日は、サラダとハヤシライスでした。ハヤシライスって30分でできるし簡単でいいですよね。タマネギと肉さえあればできるんですから・・・。

Il était encore bon le "Faugères" de avant hier, j'ai pensé faire un plat très simple pour finir ce vin. (ce plat s'appelle "Hayashi-Rice", ça prend que 30 minutes pour préparer...c'est simple)

0201 hr.jpg


さて、サラダはいたってシンプルなサラダです。マッシュルームとメスクランに、パルミジャーノ・レッジャーノのエクストラ・ヴュー(3年熟成)を削っただけです・・・

Salade aux champignons de Paris avec du parmesan extra-vieux...

0203 salade.jpg


が! この魔法のオイルをかけると、マッシュルームが白トリュフに化けたようになります。(「錯覚」とも言うが・・・)

Mais! ces champignons de Paris vont se transformer en truffe blanche d'Alba grâce à cette huile d'olive... (quelle illusion...)

0203 huile.jpg


今まで隠してましたが、先日こちらをプレゼントして喜んでいただいた、Georgesさんもお気に入り・・・目を閉じればまさに白トリュフです。こんなもの食べると、普通の黒トリュフオイルなんか使ってられません。誰もが認める、世界最高のイタリア・アルバ産の白トリュフが入ったオイルです。市場で見つけられた方、ご購入をおススメします。

Je l'ai offert à Monsieur Georges quand je suis rentrée au Japon l'année dernière. Quand on sent cette odeur en fermant les yeux, c'est parfaitement la truffe blanche! Elle n'est pas de tout comparable à l'huile de truffe noire, (ça n'a rien à voir). Si vous la trouvez quelque part, n'hésitez surtout pas, achetez immédiatement! (c'est mon conseil)

幸運な事に、人生でこのアルバ産白トリュフを食べた事が2度あります。1度はイタリアのフィレンツェのレストラン、1度は日本でしたが、あの日本で食べたのは色は白かったけれども、偽物(というかアルバ産じゃない)だったんじゃないか、と思っている。

J'ai eu la chance de goûter une vraie truffe blanche d'Alba 2 fois dans ma vie. Une fois au restaurant à Florence, l'autre au Japon. Mais ce que j'avais goûté au Japon, je pense pas ce c'était une vraie truffe blanche d'Alba, car elle n'était pas du tout parfumée.


今は国産トリュフも取れる?とか、興味深いお話もGeorgesさんが書かれていますので、ご興味ある方は、ここをクリックしてください。

前に記事に書いた、エリック・フレションの食材の本にも出てきます。

On parle aussi de cette truffe blanche d'Alba dans un livre de "Eric Fréchon" (tout ce que vous devez avoir goûté...)


19世紀のイタリアでは、あまりにも人を魅惑する香りであったため、この白トリュフを電車等に持ち込みしてはいけない、という禁止令まであったほど。年によっては1トン近く収穫できる時と、全く無いに等しい時があるとか。もちろん、コレを探すのはトリュフ犬です。子犬の頃から白いダイヤモンドを見つけるためだけにトレーニングされるわけで、そのワンちゃんの値段は、車1台分に相当する・・・信じられないけど、ホントの話。誤解してはいけないのは、黒トリュフは冷凍&保存が可能ですが、白トリュフは保存できません。数日間はトーションに包んで、ガラスの密封容器で冷蔵庫に入れとくこともできますが、日が経つに連れて、肝心の香りは勿論の事、お味も落ちる、ということなんですね・・・

Au 19ème siècle, c'était interdit de transporter des truffes blanche dans les trains italiens à cause de son parfum très fort. Certaines années miraculeuses, la récoltes atteint une centaine de tonnes, mais il peut y avoir aussi des années catastrophiques. On récolte la truffe blanche d'Alba grâce des chiens truffers qui sont dressés dès leur plus jeune âge à la recherche des truffes et qui font la fortune de leur propriétaire (attention, un bon chien truffer vaut le prix d'une petite voiture!). Il ne faut pas confondre avec la truffe noire qui peut être conservée et congelée. La truffe blanche ne doit pas être conservée ni congelée, sinon elle perd ses arômes.


ちなみにお値段の方は、最低でも黒トリュフの4倍します


Elle est au moins 4 fois plus chère que la truffe noire.

だから上質のオリーヴオイルに香りを移して楽しむ方法が、一番お手軽かもしれません。(サラダやカルパッチョとかも美味しいでしょうね)
エリック・フレションレシピでは、やはり白トリュフのリゾット。オイルしかなくっても、普通にパスタにかけたりして、十分美味しく楽しめます!

Donc c'est plus simple de servir l'huile d'olive aromatisée à la truffe blanche, cette huile qui permet de se faire une idée assez juste de l'arôme de la truffe d'Alba (mais rien ne vaut une truffe fraîche bien sûr...). Servir avec parcimonie, sur des pâtes fraîches, des salades ou un carpaccio, par exemple...

最後は栗のパウンドケーキでおしまい。

Pour terminer, un quatre-quarts de châtaignes.

0203 gateau.jpg


posted by Midoc at 08:13 | Comment(9) | TrackBack(0) | Autres / その他
この記事へのコメント / Write your comment for this article
ウチは今日は肉と玉ねぎで豚丼を作りました〜。
魔法のオイル、気になります。
白トリュフはもちろん、黒トリュフすらも
食べたことがないもので…。
このオイルもそれなりのお値段がするのでしょうか。
Posted by Minori at 2007-02-04 22:06
私は豚肉も大好きなんですよ。でもスイスには豚バラとかのスライスは売ってないんです!塊しか・・・前に肉屋さんで、「ベーコンみたいにスライスしてくれ」と頼んだら、「できません」の返事。懲りずに、「そこにスライサーがあるから、それで切れ!」と主張すると、「これは牛肉にしか使えません」やって。アホ〜!って感じでしょ? 鶏挽肉も買えないんですよ。理由って?鶏インフルエンザの影響があるから、鶏を挽肉にする事は禁止らしい・・・じゃあ売るな〜!って言いたいんだけど、仕方ないよね・・・

あ!このオイルの値段ね・・・イタリアのショップなら15ユーロから20ユーロの間ですね。日本なら1本5000円くらいだったと思います(100mlで)。黒トリュフオイルはよく市場で見かけるけど、やっぱりこの白トリュフのほうが美味しいねぇ。でも注意。白トリュフ入りって書いてても、そのトリュフの産地にもよるんで、アルバ産、と書いてあるものをおススメします。数滴ですごい香り&威力を発揮するので、大丈夫!


Posted by Midoc→Minori at 2007-02-04 22:37
さっそくgoogle先生に聞いてみたんですけど、
Web上で売ってるとこ見つかりません。。。
(タルトゥーフランゲ社のみ!!!)

オリーブオイルより、パスタ美味しくできそう!


追伸;↓↓コメントの件、了解しました。
   来週お邪魔するので、がんばります!
   (何を???w)
Posted by だいすけ at 2007-02-05 00:12
う〜ん。日本には正規輸入元がいない様子・・・うちで輸入しよかぁ!(とボスの了解がなければ何もできないんだけど・・・)

ちょっと人づてで聞いてみるわ。また分かったらメールするし。

例の件、私の知り合いは、白井さん、という方です。くれぐれも宜しく。(お行儀よくね!?)
Posted by Midoc→だいすけ at 2007-02-05 06:16
豚肉は塊でしか売ってないんですか〜。
薄くスライスした豚バラとかも食べたいですよねぇ。
鶏インフルエンザ、日本でもたいへんです。
オイル、詳しく書いてくださってありがとうございます。
イタリアで手に入れてこられたら良いのでしょうけど、
イタリアか〜。行きたーい。

Posted by Minori at 2007-02-05 23:32
白トリュフオイル!!
イタリア土産でしか見たことないです!
是非!!
って、、1本1万は、、、(^_^.)ね!
Posted by やっさん at 2007-02-08 11:35
白トリュフオイル!!
お店で見せて頂いた、
イタリア土産です!てやつしか見たことないです!
是非輸入を!!

って、、1本1万は、、、(^_^.)ね!
Posted by やっさん at 2007-02-08 11:36
さっき、お知らせに購入できる店をUpしました!是非是非お試しを!
Posted by Midoc→Minori at 2007-02-11 22:32
福田先生のとこで購入できますよ〜!
Posted by Midoc→やっさん at 2007-02-11 22:34
コメントを書く/ Write your comment
名前 / Your Name or Nick Name:

メールアドレス / Your E-mail:

ホームページ / Your Web Site:

コメント / Comment:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。