Monday 2007-03-05

Jura / ジュラ

昨年にワイナリーを訪問し、取引をするようになってから、ジュラのワインは我家ではぐっと身近な存在となりました。(といってもスイスで買えるジュラのワインはプーのものばっかりで、美味しくないのが多いけど、幸運なことに、変人ラベのおっさんからいつも頂くので、助かっています)。

Depuis que je travaille avec un vigneron du Jura, on a commencé à déguster beaucoup de produits jurassiens car chaque fois que je vais le voir il me file un carton de vins.

アラン・ラベ、コート・デュ・ジュラ、レ・ヴァロン2003年。
100年以上のシャルドネを使った、パワフルなタイプのシャルドネです。味わいは、息子の作る、アン・ビヤと比べ、重たさがありますし、変化球でなく直球のワインです。彼はワインは独学で学んだ方です。中学を卒業してから、試行錯誤を繰り返し、70年代から農薬を一切使わないスタイルでワインを造ってきました。

Alain Labet Côtes du Jura, Les Varrons 2003. 100% de chardonnay de plus de 100 ans, il est puissant et droit. Alain a appris la vinification tout seul depuis 1970. Il n'a jamais utilisé d'engrais depuis une trentaine d'années, il était un pionnier de la viticulture biologique dans le Jura.


0305 labet.jpg


今はあちこちで、エコセール等の有機栽培の認証を取って、ラベルに表示するワイナリーが増える中、彼は

Ces dernières années le vin certifié Bio c'est la mode. Beaucoup de vignerons essaient d'obtenir le logo AB (Agriculture Biologique).

「そんな認証とるのに、金なんか払ってられるかい!アホらしい!」 と一蹴されました・・・素敵です・・・(え?)

Labet: "C'est ridicule de payer pour avoir l'autorisation de mettre ce logo, je m'en fous!". Il est magnifique!

先日、国境近くの友人のワインショップに行くと、なんておいしそうなチーズがずらりと並ぶ店があったこと・・・(今まで見過ごしてたな・・・がっかり・・・)閉店間際に店に入り、中を物色・・・コンテだけても10種類、ボーフォールも同様。

J'ai trouvé une fromagerie à côté d'un copain caviste à Annemasse. Il y a beaucoup de fromages. Une dizaine de Comté différents, pareil pour Beaufort.

・・・買うしかない!

... il faut acheter absolument!

店主さま、ワインの箱を抱えたあやしい日本人に、全部説明をしてくれて、な、な、なんと・・・試食までさせてくれる始末!

Le gars a commencé à m'expliquer les fromages, il m'a même fait goûter.

0305 fro 2.jpg


思わず、「その塊全部」って買ってしまったバカな私・・・
でも結局、土曜日の宴会で、半分がなくなりました。

Finalement j'ai dit: "Je prends ce morceau". C'était énorme!

0305 salade.jpg


何もしたくないときは、美味しいパンを買ってきて、チーズとワインとサラダだけ!家の中でのピクニックとなるのでした。

Quand je n'ai pas envie de cuisiner, on mange du bon pain et du bon fromage, salade, sans oublier un bon vin. Pic-nic à la maison!

posted by Midoc at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | - Autres Plats / 他の料理
この記事へのコメント / Write your comment for this article
親爺さんのこのワイン、入るの?
Posted by Georges at 2007-03-08 17:14
残念ながら、入りません・・・(親○ンが却下)
2003年という他ではモタッとした酸の白ワインが多い中、信じられないことに酸がありました。

でももうすぐ、「フルール」が入ります。親父さんの作る、一番安いワインです。ラベルは不細工ですが許してくださいね!
Posted by Midoc→Georges at 2007-03-08 21:26
コメントを書く/ Write your comment
名前 / Your Name or Nick Name:

メールアドレス / Your E-mail:

ホームページ / Your Web Site:

コメント / Comment:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/35469983
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。