Friday 2007-04-20

Malaysia/Taman Negara

写真も編集してたけど、完全に忘れていた記事の投稿です!

J'avais complètement oublié d'écrire cet article!

マレーシアで絶対に行かなければ行けないと、"Jim" がしきりに言っていた場所・・・タマンネガラ。世界最古のジャングルであり、アマゾンのジャングルなんて比べ物にならないくらい古いジャングルらしい・・・
とうとう・・・12月上旬に行きました!

Il y a un endroit où Jim voulait absolument aller: Taman Negara, une des plus vieilles jungles du monde (plus vieille que l'Amazonie!). On a parti au mois de décembre.

子供の頃は、水曜スペシャルが大好きで、川口浩のファンだったけど、いつも完結しないのは何故だろうと子供心に思っていましたが、ネットで調べると、あれってノン・フィクションでなくって、あくまでも娯楽番組だったんですねぇ・・・ちょっとショックでした・・・

Quand j'était petite j'ai regardé souvent une émission de télé avec des explorateurs qui partaient dans la jungle.

いつかテレビで見たような妖しいボートに乗り・・・上流へと3時間。

Les bateaux en bois (solide?) qui remontent la rivière pendant 3 heures pour aller au milieu de la jungle.

tamannegara boat.jpg


この鬱蒼とした風景・・・ワニが飛び掛ってきてもおかしくない。(水牛と象しか見なかったけど)

Quelle forêt épaisse... j'ai espéré qu'un crocodile nous attaque! On a vu que des buffles le long de la rivière.

tamannegara boat2.jpg


この河の色・・・間違っても絶対に落ちたくないですね・・・

Quelle couleur... je ne veux pas tomber dans l'eau.

tamannegara boat3.jpg


ここにはまだ、オラン・アズリという民族が住んでいます。彼らは少人数で集落を作り、誰かが亡くなると場所を移動するようです。今はタマンネガラの村に住む人達と物々交換をしているので、スリッパやT-シャツを着ている人もいますが、それはここ最近の事だそうです。もちろん彼らは狩りをして生活をしているわけで、武器は毒針のついた吹き矢。獲物は捨てることなく全部食べると言ってました。

Il y a un encore quelques tribus Orang Asli qui se déplacent dans la jungle. Si quelqu'un de la tribu meurt, ils vont perdre le corps dans la forêt et changent leur village de place. Ils utilisent des sarbacanes pour chasser.

tamannegara oran.jpg


ここに来ると、毎日トレッキングです。朝から晩まで、夜も・・・頭にライトをつけて、夜中のジャングルを歩きます。もちろん危険なので、ガイドをつけることは義務付けられ、数人のパーティーで歩き続けます。

Tous les jours on a fait trekkings. Matin, après-midi, nuit. C'est un peu dangereux de faire le trekking la nuit, on avait une lampe sur le front.

tamannegara jungle treck.jpg


黄色のT-シャツを着ているのが現地ガイドで、英語ペラペラで発音もきれいです。別の外国人とパーティを組んだわけですが、うち2人はジャングルの達人というか、同じスイスでもドイツ語圏から来ている男性(手前のアロハシャツにショーツの人)と奥さん(水色のカッパ)、木のすぐ横にいるイギリス人(アイルランド出身だったので発音を聞き取るので精一杯。しかも早口・・・)のサイモンと一緒だったんですが、

Le gars qui a un tee-shirt jaune c'est le guide. On était avec d'atres personnes, un qui vient de Suisse-Allemande, d'autres des USA ou Angleterre, ils étaient drôles.

「俺は蛇を食ったことがあるぞ!チキンみたいな味だったな!で、噛まれたときはこうするんだ」 とか、

"J'ai bouffé du serpent, il avait un goût de poulet. Si un serpent t'attaque il faut le couper en deux."

「体が冷えてきたら猫を食べるのが一番効くぜ!」と負けずにスイス人男性・・・話はつきません。なかなか面白かいメンバーでした。

"Il faut manger du chat, ça réchauffe." Ils racontent plein de conneries, c'était amusant.

tamannegara canopy.jpg


天気は熱帯雨林の独特な暑さと湿気・・・でもなぜか焼けてしまい・・・友達から、

Il faisait pas beau mais quand même chaud et très humide... mais je suis devenue très bronzée. Ma copine m'a dit:

「アハハ〜!現地ガイドみたいに黒いね〜!」 と言われてしまいました・・・国教を越えるたびに、パスポートを見て噴出す係員・・・(そんなに黒いのか??)

"T'es incroyable, tu es comme une guide locale". Chaque fois qu'on a passé une frontière, les douaniers sont étonnés de voir que je suis japonaise... trop bronzée.

「あなた本当に日本人?」と聞かれたこともしばしば・・・

tamannegara jungle treck2.jpg


さて、ジャングルを歩いていて困るのは・・・そう・・・ヒルです。
こやつは、ぬかるみに潜んでいるのですが、歩いているときに靴の裏やかかとにくっつき、尺取虫みたいに上へ上がってきて、ズボンや靴、靴下の中に侵入してきます。まったく何も感じませんし、血を吸われたとしても痛くも痒くもありません。問題は取り除くときです。これが痛い・・・吸い口が皮膚や血管に吸い付いているため、外すときに痛みを感じます。外したあとも血は流れ続けるので困りましたね・・・

Ce qui est chiant c'est les sangsues. Elles sont dans la terre mais elles se collent aux chaussures et remontent le long du pied pour trouver la peau et sucer le sang. On ne sent rien mais pour les enlever il faut les brûler.

tamannegara jungle treck3.jpg


サイモンは5分おきに、「リーチ(英語でヒル)チェックだ!」と靴下をひっくり返していました。

"Leech check" Simon, le gars anglais, regarde toutes les 5 minutes dans ses chaussettes.

私の足にもいくつかくっついてましたが、それを見つけたのは "Jim"。 「あっ!足にヒルがついてるぞ!!」 と近寄ってきて、「動くなっ!」と言われたので、取り除いてくれるんだろうと待っていたら・・・奴は何を思ったか、写真を撮り始め・・・ 「さっさと取らんかい!!」と思わず叫ぶ・・・

ジャングルで虎とか出てきたらどうしようと思っていたけど、出会ったのは、サソリ、タランチュラ、サル、ヒル、水牛・・・というそれほど危険な動物ではありませんでした。

J'ai espéré voir un tigre mais on n'a vu que des scorpions, grosses araignées, singes, sangsues, buffles... Aucun danger.

今度はボルネオ島のジャングル(これも世界最高に古いらしいが・・・)を探検してみたいですね!(←ハマった人・・・)

Je veux bien aller dans la jungle de Bornéo un jour pour voir des animaux.


posted by Midoc at 07:04 | Comment(9) | TrackBack(0) | - Asia
この記事へのコメント / Write your comment for this article
蛭、日本にもデカいのがおります。蛇のように蜷局(とぐろ)を巻いて頭部をもたげているヤツを見たことがあります。蛇なら舌をぺろぺろ出している部分が蛭は例の吸盤。想像を絶する気持ち悪さ!

関係のないお話しですが今日届いたメールにこんなことが書いてありました。コピーします。

「つもり違いの十か条」

一条 高いつもりで低いのは教養
二条 低いつもりで高いのは気位
三条 深いつもりで浅いのは知識
四条 浅いつもりで深いのは 欲
五条 厚いつもりで薄いのは人情
六条 薄いつもりで厚いのが面の皮
七条 強いつもりで弱いのは根性
八条 弱いつもりで強いのが 我
九条 多いつもりで少ないのは感謝
十条 少ないつもりで多いのが無駄
Posted by Georges at 2007-04-25 03:50
すごいジャングル・・・
猿と水牛は危険じゃなさそうだけど、
サソリ、タランチュラ、ヒルはめちゃくちゃ危険では!?
でも行ってみたいなぁぁ〜!

この間、ベトナム人の友達が、
ベトナムではジャングルのガイドをしていて、
そこでは史上初で唯一の女性ガイドだったって聞いて、
アジアにジャングルがあるのを初めて知ったの・・・
中南米、アフリカだけじゃないんだね・・・。

三条 深いつもりで浅いのは知識

Posted by ミナ at 2007-04-25 21:59
なかなか人間のいいところをついている言葉ですね・・・
胸に手を当てて考えてしまいました。
Posted by M→Georges at 2007-04-26 05:57
サソリやクモも危険だろうけど、こっちがちょっかいを出さない限り、噛み付いたりしないのでそれほど怖くなかったですね。最初はどうなることか、って思っていたけど、行くとなかなかハマりそうな気がします。だからリピーターも多いんでしょうね。

インドの山奥にもあるようですが、最古はボルネオ島のもそうらしい。次はボルネオかなぁ・・・
また旦那がプー太郎に逆戻りするかも・・・
Posted by M→ミナ at 2007-04-26 06:01
サソリ、タランチュラ、サル、ヒル、水牛・・・
十分危険な感じが、、

でも一番危険なのは、人だったりして(^_^;)
Posted by やっさん at 2007-04-26 11:59
凄いところに行ってたんですね!今の自分には考えられない場所です。
ヒルは小さい頃よく咬まれてました、水田にいるんですよね。確かに咬まれていても痛くもかゆくもないので気が付かないですね。

でも、まぁ良くご無事で・・・(笑)

メールありがと!返信したのですが新しいプロバイダーの方から送ったのでちょいと不安です。ちゃんと届いていたら返信よろしくで〜す。
Posted by NAO at 2007-04-30 01:34
人って極限状態になると、何でも食べるらしいので・・・(辺見庸:もの食う人びと)戦時中は人間食べてたって話ですし・・・

でもジャングルって、トラとかライオンとかイメージするのは私だけですかね?
Posted by M→やっさん at 2007-04-30 18:33
あ!メール届いてましたので、先ほど返信をしておきました! 今年も紫蘇の手ほどき、宜しくお願いします!

時間と天候の関係上、南マレー半島に行けなかったのが心残りです・・・次回は必ず!!
Posted by M→NAO at 2007-04-30 18:35
返信も届いてました、ありがとうございます。
これで安心して新しいアドレスでメールが使えそうです。
ところで”つもり違いの十か条”妙に心にグサッときますね。調べてみると東京は高尾山薬王院への参道の両側にある杉の苗木の奉納者名の板に混じって、この言葉があるようですね。
これは面白いので私のブログでも記事にしたいと思います。Georgesさん、よろしくです。
Posted by NAO at 2007-04-30 20:46
コメントを書く/ Write your comment
名前 / Your Name or Nick Name:

メールアドレス / Your E-mail:

ホームページ / Your Web Site:

コメント / Comment:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。