Wednesday 2007-05-23

Vin Suisse

スイスでのトップクラスのワイナリーが近くにある、ということで3月に一人で訪問、ティスティングさせてもらうと<「 スイスワインのクセに 美味しいものもあるのね〜。へぇ〜意外〜。」と思わせるくらい、いい蔵である事に気づきました。(でも高い)

J'ai rencontré un vigneron suisse au mois de mars et je suis retournée avec mon chef pour lui faire déguster toute la gamme. On m'a dit qu'il est un des meilleurs vignerons de Suisse, j'ai pensé qu'il n'y avait pas de grand vin ici, mais j'ai fait une belle découverte cette fois-ci.

知人のスイス・インポーターも、「不味いスイスワインなんかやってられるかい!ヽ(`Д´)ノ 俺は南仏一本で行くぜ!」とか言ってたのに、今日聞くと、「実はね・・・♪(゚∀゚)あそこはいい蔵だから販売してるんだよ〜(エヘッ)」と言われて、なるほど、と納得したのでした。もう片方のインポーターをしている友人(前者の人とはライバルになるわけで、あんまり仲はよろしくない)も、ここは素晴らしいから取り扱いしている、とこのこと。こうなったらうちもやらねばいけませんね(えッ!?)。

Un copain importateur Suisse m'avait dit: "Moi, je travaille jamais avec des vins Suisses, je suis désolé, mais le rapport qualité-prix n'est pas super. Donc je fais que des vins du sud de la France, ils sont vraiment magnifiques". Mais aujour'hui, il m'a avoué qu'il travaille aussi avec ce vigneron. L'autre copain importateur travaille également avec lui. Alors...il faut que j'importe ce vin au Japon!?

正直に、スイスワインの知識は全くありません・( ゚д゚)・・・(オイ)。ただ、フランスワインにある酸味がどうやらスイス人は嫌いらしく、酸をおさえた造り方をワザとするらしい。私達からみると、白も赤も酸が非常に大事で、酸がない白ワインなんか出てきた日にゃ、グラスを放り投げますよ。ホントに。


J'ai aucune connaissance des vins Suisses. On m'a dit que les vignerons Suisses essaient de ne pas avoir beaucoup d'acidité dans le vin blanc. A mon avis, l'acidité du vin est très importante alors si je recois un vin tout mou, je le dégage de suite.


結論から言うと、美味しいので取り扱いすると思いますが、ボスの大ボスが「ノン」というと、「ノン」なので、もうちょっと待ちましょう。取り扱いが決まってから詳しい記事を書きますね。

Je pense qu'on importera ces vins, mais si le boss de mon boss dit non, c'est non. Il faut attendre le résultat dans un mois.

今日は暑いのでこれ

On mange ça, car il fait chaud,

0522 gaspa1.jpg


バンドール・ロゼのボトルの中に入っているものは・・・これ

...ce qu'il y a dans une bouteille de "Bandol Rosé"...

0522 gaspa.jpg


ガスパッチョです。土曜に"Jim" がジャンボ・パプリカを赤・黄・緑と2個ずつ買って来たのですが、さすがにこれは3日で食べきれないので考えた結果、赤は全部ガスパッチョに使いました。

Gaspacho, car "Jim" a acheté plein de poivrons samedi dernier, je ne savais pas comment les utiliser...j'ai mis 2 poivrons rouges dans le Gaspacho.

ワインは白・赤の1本ずつ、白はフェシー(スイスのジュネーヴとローザンヌの間に位置するAC)の白。赤は3月に訪問した蔵のアロース・コルトンです。

Une bouteille de chaque couleur, un blanc de Féchy (VD) et un rouge de Bourgogne, Aroxe-Corton 2005.

0522 vins.jpg


で、残りのパプリカは・・・ファルシにして、先日開けてそのままにしていた、赤ワインを1本を1/4まで煮込んでソースを作ります。中にはパルミジャーノ・レッジャーノの3年熟成のものを入れてオーヴンで焼き上げています。

Les autres, j'ai fait des farcis avec la sauce au vin rouge que j'avais laissé depuis quelques jours. Il faut réduire de 3/4 pour cette sauce.

0522 farci.jpg


ガスパッチョ、1リッター以上になったので、これから3日間、毎日ガスパッチョです・・・(ま、最近暑いからいいんですけど)

J'ai fait trop de Gaspacho...plus de 1 litre...il faut que l'on en mange tous les jours...
posted by Midoc at 23:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | - Autres Plats / 他の料理
この記事へのコメント / Write your comment for this article
出張おつかれさまでした。
もう疲れはとれましたか?

先日、いただいたルクルーゼを使って牛肉の赤ワイン煮を作りました!煮込む時の火の通り加減が絶妙なカンジがするんですけど気のせいでしょうか?ホントありがとうございましたヽ(^o^)丿

あとあと、前から気になってたんですけど、
料理するときって、何か料理本見てるんですか?
何かオススメレシピ本があったら教えてください☆
それかやっぱり全部ミドリレシピなのですか?
Posted by みきもん at 2007-05-24 08:46
実は本社の高○さんと堀△クンの結婚のお祝いにもあの鍋とスパチュラをプレゼントしました。彼女も料理、肉じゃがやカレーなど頑張って作っているようですよ!水分が少なくて煮込めるのと、うちでよく使うのは、炒めて水を入れてアク取りをしてからオーヴンにそのまま放り込みます。フタをしてても大丈夫だし、フタをとっても大丈夫だし・・・普段の和食にはロンドの20を。カレーやシチューなど具沢山のときはオーバルの27を。人が来るときはロンドの26とオーバルの29を使い分けてます。
少しずつコレクションしていってください(笑)。

料理の本は、きっと本屋並みにあると思いますが、ヒマなときにパラパラ・・・とめくる程度で実際に作るときには見ていません。というよりもレシピどおりに作るのが嫌いからでしょうね・・・いつも作りながら遊んじゃうわけですよ。日本の料理本より外国の料理本の方が多いですね。100冊以上あるうちの50冊程度は日本のものですが、あとはこっちや旅行先で手に入れた本です。色が非常にきれいなので盛り付けの参考になりますし、こっちでしか手に入らない食材等があるので、こっちの本の方が便利な事が多いです。

日本を今から始めよう、という人におススメするのであれば、川津幸子さんの本は分かりやすいし、あまり難しいものもないので、いいかと思いますが、ここ数年で人気が出て、食器やキッチンツールまで手がけ、「カリスマ主婦」みたいに呼ばれている、栗原は○み、の料理本は、私はサイテーと思います。ル・クルーゼで作る料理シリーズを出版している、平野由希△さんの本は、美味しいものもあるのでしょうが、あまりにも地味で料理は全然キレイじゃありませんから私はどっちかというと好きではありません。なんか作りたい、って気が起こらないんですよ・・・(売れてるみたいですが・・・)

最初は本を使って色んな発見をしたほうがいいでしょう。毎日料理をするようになると、そこから色んなアイデアが出てくると思うので、そこで気に入ったレシピがあったらメモする、とか・・・

みきもんが料理を毎日するようになるのも、時間の問題かな!?
Posted by M→みきもん at 2007-05-24 16:38
コメントを書く/ Write your comment
名前 / Your Name or Nick Name:

メールアドレス / Your E-mail:

ホームページ / Your Web Site:

コメント / Comment:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/42705638
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。