Thursday 2008-02-28

NAYANDEI

もうめちゃくちゃ疲れました。2週間連続の出張(フランス縦断)なんてするもんじゃありません。(しかしボスは数年前に3週間連続の出張・・・もう60歳近いのにスゲー、と思った私)

Complètement fatiguée. 2 semaines de déplacement de suite m'a totalement tuée. J'en peux plus (mais mon boss avait fait 3 semaines de déplacement il y a quelques années...c'est incroyable).

前半はご存知のようにドーヴィルという街にまで。キレイな海岸が広がっているリゾート地ですけれど、そんな風景を楽しむ時間もないのが出張の辛いところ。ロワールなんか何度も行ってますが、お城は高速道路から見るだけで観光すらしたことはありません・・・

D'abord, je suis allée au nord, Deauville, c'est une jolie ville pour partir en vacances, mais j'ai pas eu le temps de faire de visite, comme d'hab. Je suis allée quelques fois dans la Loire aussi mais j'ai jamais pu visiter, je voyais les châteaux toujours depuis l'autoroute... c'est comme ça.

deauville.jpg


前半の出張は災難続きでした。パリからノルマンディーに行く電車の車両の上にスーパーのキャディが落ちて走行不能に。4時間電車に閉じ込められ、20時到着予定は深夜回っており、ノルマンディーからパリ行きの電車も予定より早く出発してしまい(ありえない)、パリからジュネーヴに行くフライトも、突然のSMSが届き、夜の便に振り替え・・・さすが・・・おフランス。ついてないときってホントについてない、あーあ。

Je n'ai pas eu de chance avec les trajets, c'était l'horreur, le train que j'avais pris depuis Paris est resté bloqué pendant 4 heures à l'extérieur de Paris à cause d'un caddie de supermarché qui est tombé sur le wagon où j'étais dedans. Ensuite l'autre train pour retourner à Paris est parti plus tôt que prévu (c'est vraiment n'importe quoi), l'avion pour rentrer à Genève jeudi soir était annulé... bravo, la FRANCE...

翌日は南仏へ出発し、懐かしい友人ヴィニュロン(ワイン生産者)達とそのままソワレに突入・・・(フランス到着して数時間しかたっていない本社の後輩を無理矢理引っ張っていき2時過ぎまで引きずりまわす・・・)

Le lendemain matin, je suis partie au sud (Montpellier) où j'ai retrouvé mes amis vignerons catalans et nous sommes sortis au bar et dans la boîte pour passer une soirée ensemble avec mon collègue qui est arrivé ce soir-là.

soiree vinisud nayandei.jpg


写真を見たら分かるように、前列の2人はまだ若いです。若いからこそ色んなアイデアが次から次へと出てきて、毎回訪れる度に驚きを与えてくれます。

Ils sont assez jeunes ces vignerons catalans, c'est pourquoi ils arrivent à avoir des idées toujours très originales!

彼らのワイナリーの名前は、NAYANDEI(night & day)で、3人の共同出資によって作られたワイナリーです。

Le nom de la société, c'est "ALBERA NAYANDEI" (Night & Day), 3 associés qui s'occupent de production de vin.

nayandei.jpg


写真はその3人:左から
ローラン、アレクサンドル(通称:チャラ男)と兄のファブリス。

Sur la gauche,
Laurent, Alexandre et Fabrice (le frère d'Alex)


今は若者のワイン離れが問題となっているフランスで、いかに飲ませるかと考えた結果、低アルコールのフルーツ果汁の入ったワインを開発します。天然フルーツのエキスをワインに混ぜるという、斬新な考え方で有名になってきたワイナリー。日本でもピーチとストロベリーが販売されています。お試しあれ!

Ils ont réfléchi comment faire boire du vin assez "casual" et facile. Finalement ils ont produit des vins parfumés à la fraise et la pêche. On peut en trouver au Japon depuis 2 ans. Enjoy!

オフィシャルサイトはこちら: www.nayandei.fr
Site officiel est : www.nayandei.fr


posted by Midoc at 00:42 | Comment(10) | Vignerons / 生産者
この記事へのコメント / Write your comment for this article
お疲れさまです!
さすが南仏ですね。
サンサンと輝く太陽&雲ひとつない青空に、美しい海岸線。
(一瞬カリフォルニアかと思いました。)

今度お勧めのワイン探してみます。
ワインカクテルと言った感じでしょうか?
美味しそうですね!
Posted by Sissy at 2008-03-02 19:10
実はね・・・この写真は、「Deauville」っていう
フランスの北にあたるリゾート地なんですよ。
さすがにこの時期は観光客の居ない寂しいビーチ
ですけど、夏はすんごい人らしいですよ。

NAYANDEIのスパークリングは、ワイン通には「?」
かもしれません。あくまでもカクテルのような
カジュアル・ドリンク(アルコール飲料)って
感じでしょうか。商品名は、「ノリータ」で
探してみてください!
Posted by Sissyさんへ at 2008-03-02 21:22
私はワイン通ではないし、アルコールものすごく弱いんです。
ちなみに私の一番の好物は、ヴァイスヴァイン・ゲシュプリッツ(白ワインの炭酸割り)やアップフェルザフト・ゲシュプリッツ(アップルジュースの炭酸割り)なんです。
スイスにあるかどうかわかりませんが、ウィーンの名物です。夏場は水代わりにゴクゴク飲みます。
ワイン通の人に言わせればこれってかなり邪道だそうです。

欧州に行くとお料理+ワインって定番なので、少しはがんばってワインのこと勉強しなきゃって思っていて、ワイン好きというよりは、ワインを取り巻く歴史が好きなんです。
Posted by Sissy at 2008-03-04 00:08
この前のピノ・ノワールのワイン・ティスティング
ですが、実はあの中に我社の商品がありました!

ワインを取り巻く歴史も、なかなか奥深いですね。
でも私は飲むほうが先かなぁ・・・!?

ゲシュプリッツ、知ってます!でもスイス名物?は
ヴァン・ショーって言って、シナモン・スティック
砂糖、オレンジのスライス・・・など色々と
ぶち込んでいるようです・・・スイスのワインって
やっぱり言うほどレベルが高くないからかも、って
思いましたが、実際のとこは分かりません。

オーストリアのワインは、ヴァッハウのものが
好きなんですけど、お値段が・・・
最近はグリューナー・ヴェルトリーナーと和食を
楽しむことが多いです!
Posted by Sissyさんへ at 2008-03-04 07:09
ホットワイン!(グリューワイン)
私も好きです。クリスマス市がたつ頃の風物詩のひとつですね。
屋台で売っていて身体が温まります。
寒い国ならではのステキな飲み物だと思います。

ヴァッハウで一番美味しいのは、ドナウの風に吹かれながらデュルンシュタインのホイリゲで飲むワインかな。(これはかなり贅沢な飲み方だと思う)

私がオーストリアワインで好きなのは、ノイジードラーのデザートワインです。
それも極甘の白ワイン。

グリューナー・ヴェルトリーナーは、ウィーンのスパーで買うと安いのに、日本で買う輸入ものは高いんです。オーストリアは自国消費の国だからあまり輸出してないし。
Posted by Sissy at 2008-03-05 00:45
確かに・・・我が社でもオーストリーワインの輸入は一部しているんですけど、為替の関係もあってちょっと高いですね。ヴァッハウ地区のヴァイングート・ポルツのグリューナー・ヴェルトリーナーであれば希望小売が2500円なので、お値打ちですが、カンブタールのヴァイングート・シュロス・ゴベルスブルクは3000円を超えてしまいます。
キレイな酸味のあるあの味わいと和食は本当に合います。
いつかこちらで一緒にワインを飲みたいですね!
Posted by Sissyさんへ at 2008-03-05 05:04
>いつかこちらで一緒にワインを飲みたいですね!

是非!
いつかご一緒しましょう。
やっぱり、ワインはその土地の料理と一緒に楽しむのが一番ですね。
ほんとうに私はアルコールに弱いので、一杯のワインを大切に味わいながら飲むんです。
Posted by Sissy at 2008-03-05 23:32
@Albaあたりでしょうか(笑)

実現すると思いますよ!
Posted by Sissyさんへ at 2008-03-07 00:19
それではがんばって休暇を取らねば。。

Posted by Sissy at 2008-03-07 23:46
11月上旬あたりはいかがですか!?
Posted by Sissyさんへ at 2008-03-09 07:22
コメントを書く/ Write your comment
名前 / Your Name or Nick Name:

メールアドレス / Your E-mail:

ホームページ / Your Web Site:

コメント / Comment:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。